SpamAssassinのインストール

ここでは、SpamAssassin 3.4系列のインストールについて説明します。特に日本語パッチについて説明します。

事前準備

次のソフトウェアを事前にインストールしてください。
なお、2,3,4に関してはTokenizer::MeCabプラグインを使う場合に必要です。

1. 文字エンコーディング検出器Encode::Detect
配布元: http://search.cpan.org/~jgmyers/Encode-Detect/

2. 形態素解析エンジンMeCab
必要とするバージョン: 0.98以降
配布元: http://mecab.sourceforge.jp/
インストール時の注意事項: ./configureのオプションで"--with-charset=utf8"を付ける必要がある。

3. MeCabの辞書mecab-ipadic
必要とするバージョン: 2.7.0-20070801以降
配布元: http://mecab.sourceforge.jp/
インストール時の注意事項: ./configureのオプションで"--with-charset=utf8"を付ける必要がある。

4. MeCabのPerlバインディングmecab-perl
必要とするバージョン: 0.98以降
配布元: http://mecab.sourceforge.jp/

インストール

SpamAssassinのtarボール

SpamAssassinの公式サイトからSpamAssassinのtarボールをダウンロードします。

http://spamassassin.apache.org/downloads.cgi

日本語パッチ

日本語パッチを次の場所からダウンロードします。

http://spamassassin.emaillab.jp/pub/ja-patch/sa3.4/

SpamAssassinのtar ballを展開後、日本語パッチを当ててください。

$ cd Mail-SpamAssassin-3.4.x
$ patch -p1 < spamassassin-3.4.x-ja-y.patch

後は、通常のSpamAssassinのインストールと同じです。

インストール後

SpamAssassin 3.3以降ではルールファイルは同梱されなくなりました。
sa-updateコマンドを実行することにより、ルールファイルをダウンロードできます。
そのため、インストール後にはすぐにsa-updateコマンドを実行してください。

# sa-update

また、定期的(週に1度、短くても1日に1度)にルールファイルを更新するようにcrontabに登録してください。