SpamAssassinの紹介

SpamAssassinとは

SpamAssassinは様々なテストを行ってスパムらしさを判定するメールフィルタです。

スパムらしさを判定するテストにはテキスト分析、ベイズフィルタ、DNSブラックリスト、協調型データベースなどを使います。

様々なテストの結果をスパムらしさのスコアとして加算していくため、正常なメールをスパムと誤判定することがが少なくなります。

さらに、プラグインで様々なテストを追加することができます。例えば、画像スパムに対してはOCR技術を使ったテストを行うものが外部のプラグインとして開発されています。

なお、SpamAssassinはApache Software Foundationの基に開発が行われています。

出来ることと出来ないこと

よく勘違いされますが、SpamAssassin単体ではスパムを除去したり、振り分けした、バウンスメールを送ったりはできません。SpamAssassinが行うのはスパムらしさのスコアを付け、判定して、ヘッダに情報を追加したり、書き換えたりすることくらいです。

スパムの除去や振り分けなどを行いたい場合は、サーバとしてはamavisd-newなど、クライアントとしてはprocmailやmaildropなどの他のソフトウェアと組み合わせて使います。

動作環境

SpamAssassin 3.3.0からはPerl 5.6.*のサポートは廃止されました。
Perl 5.8.8, 5.8.9, 5.10.1以降が推奨されます。
ただし、FreeBSDではPerl 5.10.0以前のマルチスレッド対応バージョンは避けてください。
なお、SpamAssassin 3.3.1の時点ではPerl 5.12ではうまくビルドできないようです。

SpamAssassinに対する評価

InfoWorld BOSSIE Awards 2007

InfoWorld BOSSIE Awards 2007の"Best of open source in security"部門の"anti-spam"製品の勝者としてSpamAssassinが選ばれました。

Linux New Media Awards 2006

Linux Magazineを発行しているLINUX NEW MEDIAが主催したLinux New Media Awards 2006のBest Linux-based Anti-spam Solution部門でSpamAssassinは2位以下を大きく引き離して1位を獲得しました。

Datamation Product of the Year 2006 Awards

米国IT誌Datamationが主催するProduct of the Year 2006 Awardsのアンチスパムカテゴリにおいて、受賞候補として商用製品があがっている中でオープンソースソフトウェアのSpamAssassinが受賞しました。

日本語対応

国際化対応の機能がSpamAssassin 3.2.0から追加されていますが、残念ながら正しく機能していません。気がついていますが、すみません、放置しています。
しかし、日本SpamAssassinユーザ会の有志により開発された日本語対応パッチをあてると日本語対応になります。

この文書の執筆時点では日本語対応パッチは筆者のサイトで配布しています。
  http://spamassassin.emaillab.jp/pub/ja-patch/
このパッチを当てると、日本語のルールを書くことができ、また、ベイズフィルタの学習精度も非常に良くなります。そのため、日本語のスパムの検出精度が非常に上がります。

日本SpamAssassinユーザ会

日本におけるSpamAssassinに関する情報交換や日本語対応のルールの作成や日本語対応パッチの開発等を目的として2006年3月に発足しました。
しかし、ユーザ会としてのまとまった活動は現在ありません。

日本SpamAssassinユーザ会のサイトは次の通りです。
  http://spamassassin.jp/